Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

鈴木杏


石田ニコル


東京女子流


飯尾和樹


Kis-My-Ft2


有吉弘行


Perfume


志村けん


>>もっと見る

ケンドーコバヤシ オールザッツ漫才

ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシ(1972年7月4日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優。本名および旧芸名は小林 友治(こばやし ともはる)。愛称はケンコバ、コバ、Mr.やりたい放題。大阪府大阪市東住吉区育ち。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)東京本社所属。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。身長172cm、体重77kg、血液型O型。大阪市立東田辺小学校、大阪市立中野中学校、初芝富田林高等学校卒業。高校時代はラグビー部で主将を務めていた。

kansai.pia.co.jp

kansai.pia.co.jp

matome.naver.jp
NSC在学中『沖・小林』を経て、元ハリガネロックのユウキロックと『松口VS小林』を結成、ボケ担当 ツッコミにドロップキック等のプロレス技を用いたり、ネタをしながら互いにプロレス技を掛け合うといったアンタッチャブルな芸風で人気を得る。
また、NSC在学中に『オールザッツ漫才』に出演するなど、将来を嘱望された時期もあったが、コンビ名通り対立関係に発展してしまい方向性の違いから1995年解散。
元々松口は、小林の方向性に疑問を持っていたが、ある日小林から「下着泥棒2人が殺し合いをする」という設定のコントのネタを見せられた松口が、もうだめだと解散を切り出した。
その際松口は、「お前と組んでると売れる気がしない」と言ったという。
オールザッツ漫才』(毎日放送)にはコンビ時代から出演し、2001年にはトーナメントで優勝。
2004年にネタ組として「ピンクローター漫談」という下ネタコントを披露し、これがきっかけで関西での全てのレギュラー番組を降ろされてしまい東京へと逃げ込み、見事東京進出に成功 その後も毎年出演する「番組の顔」となり2009年には陣内智則とともに司会を務めたが、2009年の出演を最後に番組を降板した。
2020/5/13(水)
ケンドーコバヤシのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ケンドーコバヤシのつながりをもっと見る