Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

キンタロー


ナインティナイン


藤木直人


檀れい


福山雅治


中村雅俊


安室奈美恵


りんごちゃん_(ものまねタレント)


>>もっと見る

吉田拓郎 地方史

よしだ たくろう
吉田拓郎
吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。楽曲提供者としては入江剣の名も用いている。

blogs.yahoo.co.jp

matome.naver.jp

ticketcamp.net
1946年4月5日に、鹿児島県伊佐郡大口町(のちの大口市、現:伊佐市)で生まれる。
鹿児島県鹿児島市に生まれる。
1953年春、鹿児島県鹿児島郡谷山町(のちの谷山市、現:鹿児島市)に転居。
父は吉田家に養子に入った人で、鹿児島県庁で地方史の調査をしていた。
拓郎は「両親は朝鮮羅南からの引き揚げ者 母方の祖母が広島の出身だが両親の出身地は知らない 僕が鹿児島生まれの理由は分からない」と述べている。
谷山小学校に二年生まで在学。
歌手の西郷輝彦と同期生。
1955年に両親が別居し、立教大学に進学した兄は上京、母親は姉と拓郎を連れて広島に転居、その後は広島県広島市南区西霞町で育つ。
同年4月、10歳のとき、広島市立皆実小学校へ転校。
皆実小学校~翠町中学校の一学年上に長谷川和彦。
鹿児島時代は姉と同じ部屋で生活していたので、姉が大好きな歌謡曲をよく聴いていたことに、拓郎も大きな影響を受けた。
鹿児島時代は音楽への関心はまったくといっていいほどなかったが、広島へ引っ越してから音楽に関心を持った。
立教大学ジャズ研でピアニストを目指した兄が、夏休み等に女性同伴で帰郷したのがそのきっかけ。
幼少期から喘息持ちで体が弱かったため家にいる事が多く、母に本を買い与えられていたが、ウクレレを買ってもらい、小学校高学年か中学校に入って音楽を始めた。
1962年に皆実高校に入学し、インストゥルメンタルバンドを結成し、ウクレレを担当した。
曲を作り始めたのは高校に入ってからで、好きな女の子が出来るたびに、曲を作って渡した。
2019/12/2(月)
吉田拓郎のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
吉田拓郎のつながりをもっと見る