Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

戸田恵子


クマムシ_(お笑いコンビ)


谷隼人


爆笑問題


松田龍平


志賀勝


嵐_(グループ)


Kis-My-Ft2


>>もっと見る

大坂なおみ ビアンカ・アンドレースク


大坂なおみ
大坂 なおみ(おおさか なおみ、女性、1997年10月16日 - )は、日本のプロテニス選手。実父はハイチ出身のアメリカ人、実母は日本人というハーフで、1997年に大阪府大阪市で生まれた。2001年に渡米し、実父の手ほどきでテニス競技を始める。練習場は近所の公園にあるテニスコートであったという。2013年にプロに転向し、ツアー下部大会を転戦した。2014年7月のWTAツアーバンク・オブ・ウェスト・クラシックで初めて予選を突破し本戦出場。1回戦で対戦したサマンサ・ストーサー(2011年全米オープン覇者)に2-1で勝利、最速193km/hのサーブで大番狂わせを演じた。日本テニス協会に登録はしていないが、日本オリンピック委員会の強化指定選手に選出され、「東京オリンピック出場を目指す気持ちはある」と答えている。

news.tennis365.net

globe.asahi.com

www.mag2.com
しかし2月、サーシャ・バインとのコーチ関係を解消したところから、大坂の歯車が狂い始めた。
3月のBNPパリバ・オープン、5月のマドリード・オープン、8月の全米オープンと、同世代のベリンダ・ベンチッチに3連敗。
グラスコートシーズンではバーミンガム・クラシック、ウィンブルドン選手権とユリア・プチンツェワに連敗するなど苦しんだ。
それでも9月に父のレオナルド・フランソワ氏が代理コーチに就任すると、生まれ故郷の大阪で開催された東レ・パンパシフィック・オープンでは2年連続決勝進出、決勝でアナスタシア・パブリュチェンコワを6-2, 6-3で下しツアー4勝目を挙げた。
続くチャイナ・オープンでも、準々決勝で今年の全米オープンを制したビアンカ・アンドレースクを、準決勝では同大会前年優勝のキャロライン・ウォズニアッキを、そして決勝では世界ランキング1位のアシュリー・バーティをそれぞれ破り優勝。
日本人選手が2大会連続で優勝するのは史上初のことであり、スランプからの復活を印象づけた。
WTAファイナルズはラウンドロビン初戦でクビトバを7-6, 4-6, 6-4で破り同大会初白星を挙げたが、第2戦を前に右肩の負傷のため欠場を発表し、シーズンを終えた。
年間最終世界ランキングは3位。
2020/2/17(月)
大坂なおみのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
大坂なおみのつながりをもっと見る