Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

布袋寅泰


竹中平蔵


ピース_(お笑いコンビ)


吉澤ひとみ


とんねるず


堀内健


ももいろクローバーZ


小室哲哉


>>もっと見る

大谷翔平 MLBオールスターゲーム

おおたにしょうへい
大谷翔平

oodoori.com

biznot.xsrv.jp

www.tv-ranking.com
2020年シーズン終了時にMLBサービスタイムが3年に達して年俸調停権を取得したが、年俸交渉は越年となり、2021年2月9日に年俸調停を回避して2年総額850万ドルで契約合意したことが公式発表された。
4月4日の対ホワイトソックス戦では、MLB移籍後初となる「2番・投手」で先発出場 打者として初回に先制の2号本塁打を放った。
投手としても球速163km/hを計測するなど好投したが、5回3失点で負傷降板し3年ぶりの勝利とはならなかった。
4月9日のブルージェイズ戦で、松井秀喜の1393打席を大幅に塗り替え、日本人最速となる997打席でのMLB通算50本塁打を達成 4月21日のテキサス・レンジャーズ戦ではNPB/MLB通算100本塁打を達成した。
4月24日の対アストロズ戦でMLBでは初となる左翼手の守備に就いた(交代させる野手がいなかったため急遽DHを解除して起用) 同26日のレンジャーズ戦では、5回9奪三振4失点で、3シーズンぶりに勝利投手となった。
5月11日のアストロズ戦では2番・投手として7回10奪三振1失点の快投後、右翼に就いて試合終了までプレーを続けた。
同17日のインディアンス戦に13号本塁打を放ち、日本人メジャーリーガー初の両リーグ本塁打王単独トップに躍り出た。
6月4日、マリナーズ戦に2番投手で投打同時出場を果たすと6回を4安打2失点で4月25日以来39日ぶりのシーズン2勝目を挙げた。
この試合では、MLB20試合目の登板で初の無四球を達成し、さらには10奪三振を記録した。
同11日に敵地で行われたダイヤモンドバックス戦では、2番・投手で、MLB移籍後初の交流戦先発登板を果たした。
ナ・リーグの球場で投手が1 - 4番の打順に入るのは初となった。
翌16日のアスレチックス戦では2試合連続の19号本塁打を2回に放った後に、5回に三塁線に絶妙のバント安打、シーズン10個目の盗塁となる二盗も成功。
2019年以来2年ぶりの2桁10盗塁に到達した。
同18日、オールスターゲームのホームランダービーに出場することを自身のInstagramで表明した。
日本人の出場は史上初であるのに加え、投手としてキャリアをスタートさせた選手の出場も史上初となる。
2番・DHで先発出場した同日のタイガース戦で、第3打席に20号2点本塁打を放ち、2018年以来3年ぶりのシーズン20号本塁打に到達した。
チーム70試合目(打者出場65試合目)での20号到達は、松井秀喜が2007年に樹立した、チーム106試合目(打者出場93試合目)での20号到達の日本人選手最速記録を大幅に更新した。
その後、第5打席にも21号ソロ本塁打を放ち、2019年以来2年ぶりの1試合2本塁打を記録した。
同19日、本拠地アナハイムでのタイガース戦に2番・DHで先発出場。
第2打席に2試合連発、MLB1年目の2018年に並ぶ22号本塁打を放った。
同20日、本拠地でのタイガース戦に2番・DHでスタメン出場。
第3打席に3試合連続の23号本塁打を放った。
自身のプロ最多本塁打数を更新した。
結果、この週(6月14日 - 20日)で7試合に出場し、打率.296(27打数8安打)、6本塁打、9打点、1盗塁を記録。
投げては6回1失点、奪三振5でシーズン3勝目を挙げ、翌日の21日には2018年4月、9月に続いて、3年ぶり3度目となるア・リーグのプレイヤー・オブ・ザ・ウィークを受賞した。
同27日、MLBオールスターゲームのファン投票の1次結果を発表し、大谷はア・リーグ指名打者部門で196万1,511票を集めてトップ通過した。
7月1日にMLBオールスターゲームファン投票の最終結果が発表され、ア・リーグ指名打者部門で全体の63%を集める圧倒的な得票率でMLBオールスターゲームに初選出された。
6月は25試合に出場し、打率.309、13本塁打、出塁率.423、長打率.889、OPS1.312を記録し、7月2日にア・リーグ野手部門で初の月間MVPに選出された。
同2日のボルチモア・オリオールズ戦で第2打席で右翼席へ29号ソロ、第3打席で左翼席へ30号2点本塁打を放ち、NPB/MLB通じて自身初となる30本塁打に両リーグ最速で到達。
日本人選手としては2004年の松井秀喜が31本塁打を記録して以来、17年ぶりの快挙となった。
また、オールスターゲーム前の本塁打数として2019年にマイク・トラウトが記録した28本を抜き、エンゼルスの球団新記録となった。
ベーブ・ルースが先発投手として1試合以上出場したシーズンで記録した最多本塁打は、1919年の29本であり、二刀流選手として大谷はベーブ・ルース以上と述べている。
7月4日、ニューヨーク・ポスト紙は、アメリカン・リーグの前半戦MVPに大谷を選出した。
同4日本拠地で行なわれたオリオールズ戦に「2番・DH」で先発出場。
第2打席で2004年の松井秀喜(ヤンキース)に並ぶ日本人シーズン最多の31号を放った。
同4日にオールスターゲームの選手間投票などで選ばれた投手と控え野手が発表され、ファン投票選出のア・リーグDH部門に続き、同先発投手部門でも選出され、史上初めて投打二刀流で選出された。
6日にはプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク(6月28日 - 7月4日)を受賞し、シーズン2度目の受賞となった。
打者として6試合に出場し、打率.286、6本塁打、8打点、1盗塁、OPS1.543を記録。
同6日本拠地アナハイムでのレッドソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場 シーズン最長タイの7回、89球を投げ5安打2失点でNPB/MLB通算50勝目となる4勝目を挙げた。
同7日には本拠地でのレッドソックス戦に「2番・DH」で出場し、3試合ぶりの32号本塁打を放ち、松井秀喜選手が持っていた日本人選手最多本塁打記録である31本をシーズン前半に塗り替えた。
同10日、米スポーツ界で目覚ましい活躍をした選手や優れたプレーなどに贈られ、スポーツ界のグラミー賞またはアカデミー賞と言われるESPY賞の「ベストMLB選手」部門に日本人選手で初めて選出された。
7月12日にオールスターゲームに「1番指名打者」で先発出場すると同時に、先発投手としても出場することが発表された。
同日に開催されたホームランダービーでは第1ラウンドでナショナルズのフアン・ソトと2度の延長戦にもつれる熱戦を繰り広げるも、敗退となった。
オールスター及びホームランダービーで投げては100マイル、打っては500フィート連発で勝利投手になる。
同18日本拠地で開催されたマリナーズ戦、5試合ぶりに後半戦初となる34号本塁打を放った。
2021/7/22(木)
大谷翔平のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
大谷翔平のつながりをもっと見る