Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

相葉雅紀


小沢仁志


加山雄三


博多華丸


椎名林檎


竹脇無我


嵐_(グループ)


三谷幸喜


>>もっと見る

小室哲哉 あの曲

こむろ てつや
小室哲哉
小室 哲哉(こむろ てつや、1958年11月27日 - )は、日本のミュージシャン、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、キーボーディスト。東京都府中市出身。元尚美学園大学芸術情報学部教授。妻はglobeのボーカルのkco。愛称は「てっちゃん」「先生」「TK」など。身長167cm、体重57kg。

girlschannel.net

tower.jp

girlschannel.net
ライヴでの演奏もシンセサイザー主体であり、「自分がその楽器のプレイヤーとしての腕が追いつかなくても、演奏したい楽器のボタンを押して弾くと機械の方がメロディをしっかり追えると14,15歳の頃に気づいた」集英社刊『週刊プレイボーイ』1995年8月15日号「小室哲哉 ジャングルは怖い!」204P-205Pより 「アレンジ・奏法はギタリストの真似から始まっていて、ギタリストだと簡単に弾けるフレーズ・プレイをキーボーディストが担当するとどうなるかを意識している」「1台の中に生のストリングス・バンドサウンド・ヴォーカルが全て入っていて再現できる。
僕の音楽はシンセサイザー・コンピューターの制御があって初めて成立している」「1台あるだけで1曲音源が作れる程、機能が充実している」「バンド内でギタリストに対抗できるポジション」「ギタリストがカッティングでグルーヴを生み出すように、鍵盤でも何か違った形でグルーヴが生み出せないかと思っている」より 「数台重ねれば一人バンドができる」と語る程に思い入れが強い 既存の音源・事前に新規に作成した音源の上にマルチ・キーボードでの即興演奏で全く別のメロディを重ね、ミュージックシーケンサーを駆使しての多重演奏を主体としている。
その際、無駄な音は消去法の要領で全て取り除いて、極力簡単で有効的な音にしている。
同時にPAエンジニアと相談して、キーボードはどうしても音数が多いから、細かいプレイまで再現するためにギター・ベース・ドラム・ボーカルの入る余地のある隙間を作る。
ギター・キーボードのパートは和音の即興演奏は止めて、単音で「あの曲はこういう音だった」とファンの耳に残して、1曲毎の印象を強く残すことを目標にしている自由国民社刊「シンプジャーナル」1987年8月号68P-69Pより。
2019/11/14(木)
小室哲哉のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
小室哲哉のつながりをもっと見る