Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

大槻ケンヂ


石原良純


吉沢亮


ダンディ坂野


江頭2:50


小室哲哉


サザンオールスターズ


橋本環奈


>>もっと見る

小沢一郎 憲法改正

おざわ いちろう
小沢一郎
小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年〈昭和17年〉5月24日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(16期)、生活の党と山本太郎となかまたち共同代表。自治大臣(第34代)、国家公安委員会委員長(第44代)、自由民主党幹事長(第26代)、新生党代表幹事(初代)、新進党党首(第2代)、自由党党首(初代)、民主党代表代行、民主党代表(第6代)、民主党幹事長(第9代)、国民の生活が第一代表(初代)などを歴任。

hataeiji11.seesaa.net

kb6400.blog38.fc2.com

range-king.com
1999年(平成11年)1月14日には正式に自自連立政権が発足し、党幹事長の野田毅が自治大臣として入閣、小沢は5年ぶりに与党へ復帰した。
この連立の間に、衆議院議員定数20の削減、閣僚ポストの削減、およびイギリス型内閣や二大政党制を目指すとして、政府委員制度の廃止と政務次官制から副大臣・政務官制への移行と、党首討論設置を含む国会改革を自民党に呑ませた。
また、同年発刊された『文藝春秋』9月特別号に「日本国憲法改正試案」を寄稿し、自らの改憲論について語っている。
改憲論者であり、1999年の「日本国憲法改正試案」では独自の改憲案を示していた。
一方、2004年に公表した現行憲法の下での国連派遣部隊構想、さらにそれを発展させ2007年10月に公表した国際安全保障政策では、現行憲法との論理的整合性を維持しながら日本の国際安全保障政策(国連中心主義)を主張している。
また国連平和維持活動については、自衛隊とは別個の専業組織を設置して参加させるべきであると一貫して主張している。
憲法改正試案」では以下のように述べている。
サンフランシスコ講和条約で独立国として承認されたことを契機に、占領下に制定された憲法は無効であると宣言した佐々木惣一や大石義雄と同様に新しい憲法を制定すべきであったと主張している。
護憲派学者宮澤俊義の主張に反対し憲法改正論議を支援している。
2019/9/15(日)
小沢一郎のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
小沢一郎のつながりをもっと見る