Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

鬼束ちひろ


西村博之


田村ゆかり


ウーマンラッシュアワー


THE_YELLOW_MONKEY


松井愛莉


オリエンタルラジオ


萩本欽一


>>もっと見る

松井秀喜 メートル

まつい ひでき
松井秀喜
松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手)。ヤンキースGM特別アドバイザー。石川県能美郡根上町(現:能美市)出身。1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本プロ野球時代は読売ジャイアンツ、メジャーリーグではニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した。2013年には国民栄誉賞を受賞。愛称は「ゴジラ」。

dic.nicovideo.jp

kenmy.pixnet.net

matome.naver.jp
1993年、プロ初のキャンプでは150メートル級の場外弾を連発。
キャンプ2日目にはフリー打撃で13本の柵越えを放ち、「こんな高校生、見たことがない」とコーチに言わしめた。
高校時代は三塁手であったが、長嶋が外野手へとコンバートさせた。
2月28日のオープン戦でプロ初打席を迎え、当時ヤクルトに所属していた一つ上の石井一久と対戦するもカーブで三振となり、その時は焦りや恐怖を感じたという その後もプロの投球の速球に手こずり、三振と凡打の山を築く オープン戦は53打数5安打、打率.094に終わり、20三振は全体トップだった。
4月7日に長嶋から二軍落ちを通告され、公式戦開幕は二軍で迎えた。
二軍落ちを通告された際には、「落としたことを後悔させるように頑張る」と語り、その宣言通り、イースタン・リーグの開幕戦で松井と同期新人のヤクルトスワローズに入団した伊藤からホームランを放つなど12試合で.375、4本塁打の活躍を見せ、5月1日のヤクルト戦(東京ドーム)で「7番・左翼手」として一軍デビューを果たした。
初打席は西村龍次からセカンドゴロ 2打席目には同じく西村からライトフェンス直撃の二塁打を放ち、初安打初打点を記録 翌日の試合では、9回裏に高津臣吾から内角の直球をライトスタンド中段に運びプロ入り初本塁打 興奮の余り、試合後ロッカールームから引き揚げる際、足元はスリッパのまま「打っちゃった」と喜びを露わにした。
その後は各球団のマークに遭い、6月には二軍に降格するが、7月のフレッシュオールスターに出場して優秀選手賞を獲得し、8月下旬に再び一軍に昇格するとヒットを連発し、セ・リーグ高卒ルーキー新記録となる11本塁打を放った(パ・リーグの高卒ルーキー記録は1986年の清原和博による31本塁打)。
オフの契約更改では1060万円増の1900万円でサイン。
目標の2000万円には届かず、会見では渋い表情を見せた。
打撃については「楽に、なおかつ正確にスイングする」、「ゆっくり、ボールを見極める間合いをつかむ」、「左の軸足から、踏み出す右足にスムーズに体重移動する」、(時速)「140キロ(メートル)のボールを130キロぐらいに見えるぐらいボールをゆっくり見る」などということを挙げている。
2021/2/20(土)
松井秀喜のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
松井秀喜のつながりをもっと見る