Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

大槻ケンヂ


石原良純


吉沢亮


ダンディ坂野


江頭2:50


小室哲哉


サザンオールスターズ


橋本環奈


>>もっと見る

松田聖子 松任谷正隆

まつだせいこ
松田聖子
松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本の歌手、女優、タレントである。福岡県久留米市荒木町出身。サンミュージックプロダクション、ファンティック、グリーンパークミュージック、現在は ファンティックを個人事務所とし、制作全般をfelicia club(フェリシアクラブ)所属としている。身長160cm。体重42kg。血液型A型(身長・体重は公式サイト08.12.25のデータより)。

ctalde.net

www.officiallyjd.com

www.officiallyjd.com
曲調は、デビュー初期の曲は、三浦徳子の作詞、小田裕一郎の作曲が主だった。
楽曲の制作には6枚目のシングル「白いパラソル」以降、作詞に松本隆が起用され(19枚目のシングル「ハートのイアリング」まで)、作曲家の選択も含め松本隆のプロデュース色が濃くなり、編曲は2枚目のシングル「青い珊瑚礁」からの大村雅朗が主体であった。
80年代の作曲家は財津和夫、松任谷由実(「呉田軽穂」名義で)をはじめ、細野晴臣などニューミュージック系の作家が多かった、聖子の代表曲である「赤いスイートピー」が松任谷由実の初めて手掛けた曲であることはあまり知られていない、因みに編曲は松任谷正隆である。
聖子の歌う楽曲は、デビュー初期はおもに三浦徳子の作詞、小田裕一郎の作曲コンビだったが、1981年の6枚目のシングル「白いパラソル」(作曲家は財津和夫)以降は、作詞に松本隆が起用され(19枚目のシングル「ハートのイアリング」まで)、編曲は2枚目のシングル「青い珊瑚礁」以降、おもに大村雅朗が手がけた。
80年代の作曲家陣は他に、松任谷由実、来生たかお、細野晴臣、尾崎亜美などニューミュージック系統でアルバム制作が行なわれた、聖子の代表曲である「赤いスイートピー」が松任谷由実の初めて手掛けた曲であることはあまり知られていない、因みに編曲は松任谷正隆である。
2019/9/9(月)
松田聖子のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
松田聖子のつながりをもっと見る