Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

オフコース


遠藤憲一


渡部建


柄本佑


華原朋美


板倉俊之


ザ・ドリフターズ


薬師丸ひろ子


>>もっと見る

清原和博 執行猶予

きよはらかずひろ
清原和博
清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手)、野球評論家、タレント。現役時代は西武、巨人、オリックスで活躍した。通算本塁打数歴代5位、通算打点数歴代6位、通算サヨナラ本塁打歴代1位、通算死球数・三振数歴代1位。

harara88.blog.so-net.ne.jp

www.officiallyjd.com

news.livedoor.com
同年5月31日に懲役2年6か月(執行猶予4年。
弁護側が求めていた保護観察はつかない)の有罪判決が下された。
判決公判の傍聴希望者は1713人で、21席の一般傍聴席数に対し約81倍の抽選倍率となった。
「覚醒剤への依存性は深刻で常習性も強い」と指摘された一方、甲子園を沸かせプロ野球を代表する打者として活躍するなど、野球界で社会的貢献をしてきたことや、逮捕後に事件報道で社会的制裁を受けたことなどから執行猶予が付けられた。
吉戒純一裁判官は法廷で「自助努力による更生がふさわしく、十分に立ち直りが可能」と述べた上で清原に対し「お父さんや親戚、全国の根強いファンが更生を望んでいることを忘れないで下さい 息子さんたちのためにも覚醒剤をやめ、人の役に立つ存在になることを期待しています」と説諭した。
清原は判決後、傍聴席を振り返り「この度は申し訳ありませんでした」と頭を下げた。
検察側・弁護側ともに控訴期限の6月14日までに東京高等裁判所に控訴せず、清原の有罪判決が確定した。
なお、清原に覚醒剤を計2回(2015年9月1日ごろに群馬県太田市内のホテル客室内で約1.2gを8万円で、翌年1月31日ごろに同士のコンビニエンスストア駐車場の車内で約0.6gを4万円)密売した知人の45歳男(群馬県みどり市)は2016年7月5日、東京地裁(室橋雅仁裁判官)から懲役3年、執行猶予5年、追徴金12万円(求刑は懲役3年及び追徴金12万円)の有罪判決を受けた。
2020年6月15日、有罪判決を受けた覚せい剤取締法違反についての執行猶予が満了した。
同日には文藝春秋より書籍『薬物依存症』を出版している。
大久保博元の経営する居酒屋には何度か訪れるなど引退後も付き合いがあり、大久保は有罪後に執行猶予が付いて放免された清原の近況を語ったことがある。
2020/6/28(日)
清原和博のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
清原和博のつながりをもっと見る