Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

大槻ケンヂ


石原良純


吉沢亮


ダンディ坂野


江頭2:50


小室哲哉


サザンオールスターズ


橋本環奈


>>もっと見る

渥美清 ギャラクシー賞

あつみ きよし
渥美清
渥美 清(あつみ きよし、1928年(昭和3年)3月10日 - 1996年(平成8年)8月4日)は、日本の俳優。本名、田所 康雄(たどころ やすお)。愛称は、寅さん、風天(俳号)。身長173cm、体重70kg。

www.youtube.com

twitter.com

www.tora-san.jp
1985年(昭和60年)頃、渥美は俳人尾崎放哉を演じたいと早坂に相談し、早坂と渥美は取材旅行に訪れ、脚本の大筋も完成した。
ところが寸前にNHK松山放送局で放哉がドラマ化されたため(『海も暮れきる~小豆島の放哉~』1985年8月1日放映、放哉役は橋爪功で、第23回ギャラクシー賞奨励賞を受賞)、急遽題材を種田山頭火に変更することになり、渥美と早坂は今度は山頭火の取材旅行に訪れ、脚本も完成した。
にもかかわらず、クランクイン寸前になって、突然渥美から制作のNHKに降板の申し出があった。
降板の理由は体調不良やスケジュール不合などいわれるが、周囲からの「寅さん」のイメージ損失を嫌ったこととの軋轢かと思われる。
ちなみに渥美降板により主役がフランキー堺となったこのドラマ「山頭火・なんでこんなに淋しい風ふく」は、モンテカルロ国際テレビ祭(脚本部門ゴールデンニンフ=最優秀賞)を受賞し、フランキー堺は同最優秀主演男優賞を受賞している。
しかし、早坂は渥美に、初期のテレビドラマ「泣いてたまるか」や、上記「土曜ワイド劇場」の第1回作品の「田舎刑事」シリーズなどの脚本を書いており、いずれも「寅さん」ではない渥美の魅力が引き出された名作となっている。
2019/9/11(水)
渥美清のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
渥美清のつながりをもっと見る