Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

山本徳郁


原田芳雄


古坂大魔王


徳光和夫


ケーシー高峰


志村喬


竜雷太


城田優


>>もっと見る

黒澤明 ローマ・オリンピック1960

くろさわ あきら
黒澤明
黒澤 明(くろさわ あきら、新字体:黒沢明、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督、脚本家、映画製作者。妻は元女優の矢口陽子。映画史の中で最も重要かつ影響力のある映画監督の一人であり、ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など30本の監督作品を生み出した。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に世界的にその名が知られており、作品もアカデミー賞と世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)で受賞され、多大な評価を得ている。また、北野武、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラなどの映画人にも大きな影響を与えており、「世界のクロサワ」と呼ばれた。映画監督として初めて文化勲章と国民栄誉賞に選出。ほかの栄典・称号に文化功労者、従三位、東京都名誉都民など。1990年に日本人初のアカデミー賞名誉賞を受賞。1999年には米週刊誌『タイム』アジア版の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されている。米国映画芸術科学アカデミー会員。

dinobone.wordpress.com

news.mynavi.jp

rubese.net
1960年(昭和35年)7月7日、日本体育協会にて、東京オリンピック公式記録映画の監督就任が発表された。
準備に向け同年開催のローマオリンピック公式記録映画『ローマ・オリンピック1960』の撮影に立ち会うなどして準備を進めた。
しかし、製作予算感が折り合わないなどの理由で1963年(昭和38年)3月22日監督を辞退、オリンピック組織委員会の与謝野秀事務総長の強い慰留があり、組織委員会内の記録映画委員会の委員としては残留することになり、依然、記録映画に関与するかに見えたが、製作体制が東宝単独から記録映画製作のための法人(財団法人東京オリンピック映画協会)による共同製作となるなどの混乱の結果、11月5日正式に辞退した。
2020/3/24(火)
黒澤明のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
黒澤明のつながりをもっと見る