Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

大槻ケンヂ


石原良純


吉沢亮


ダンディ坂野


江頭2:50


小室哲哉


サザンオールスターズ


橋本環奈


>>もっと見る

HIKAKIN ビートボクサー


HIKAKIN
HIKAKIN(ヒカキン、1989年4月21日 - )は、日本の男性YouTuber、ヒューマンビートボクサー。株式会社uuumファウンダー、最高顧問。YouTubeにてHIKAKIN、HikakinTV、HikakinGames、HikakinBlogと4つのチャンネルを運営している。

twitter.com

hiroetanabe.net

twitter.com
(ヒカキン、1989年4月21日『僕の仕事はYouTube』(2013年7月19日、主婦と生活社) ISBN 978-4391143799 の奥付 - )は、日本のYouTuber、ヒューマンビートボクサーである。
UUUMファウンダー、最高顧問。
妙高高原町立妙高中学校を経て新潟県立新井高等学校に進学し、上越でのライブ活動などを開始 そして、2006年12月にYouTubeにて自身の公式チャンネル「HIKAKIN」を開設する。
当初は海外のビートボクサーの動画を閲覧する目的で始めたが、自分で投稿すれば逆に見てもらえるのではと思い動画投稿を始めたと語っている。
開設してすぐ動画を投稿したが、下手すぎて恥ずかしくなり削除してしまい、現存している最古の動画は2007年にである。
当時は高校3年生だった。
2007年に新潟県立新井高等学校を卒業。
その後、上手いビートボクサーが集中する東京に活動拠点を移し、スーパーマーケットの店員の仕事をしながら生計を立てていた。
当時は自分の銀行口座を持っていなかったため貯金はなく、親から貰った2万円のみで上京したという。
勤め先のスーパーには社員寮があり、毎月の給料から家賃が引かれるため住む場所に困ることはなかった。
それからは、夜の社員寮の浴室や自室などで安いマイクを使ってビートボックス動画を何回も撮影し、その中で100%上手くいったと思えるものを厳選し、月1・2本ずつ動画をアップロードしていた。
誰かにヒューマンビートボックスを習った事はなく、YouTubeで見られるビートボックス動画を参考にするなどして、独学により今のスタイルが出来上がったという。
特に影響を受けたビートボクサーとして国内ではAFRA、海外だとRahzelを挙げている。
当初は「ビートボックス=ヒップホップ」だと思っていたが、上京してクラブでパフォーマンスをしていくうちに日本人にも聞きやすい音源の方が受け入れやすいのではと思い、スーパーマリオブラザーズやAKB48といった、お茶の間で流れるような誰もが口ずさめる音を取り入れるようになった。
2019/9/16(月)
HIKAKINのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
HIKAKINのつながりをもっと見る