Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

スキマスイッチ


松尾駿


霜降り明星


東出昌大


小沢仁志


加山雄三


百田夏菜子


KinKi_Kids


>>もっと見る

松坂大輔 王貞治

まつざか だいすけ
松坂大輔
松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。マネジメント契約先は株式会社アーキテクト。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パ・リーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝を経験している。アテネオリンピックの銅メダリスト。

blogs.yahoo.co.jp

matome.naver.jp

orisoku.doorblog.jp
10月19日に予定されている対北海道日本ハムファイターズとの引退試合で背番号18を着用して登板し、本拠地メットライフドームでの北海道日本ハムファイターズ戦で引退試合が行うことが決定し、10月14日付で背番号の変更が公示された。
当日の試合前は、西武ナイン全員が松坂の投球写真があしらわれた特製Tシャツを着用し、練習に臨んだ。
迎えた試合では先発登板し、横浜高校の後輩・近藤健介に対して5球投げ、四球を与えてマウンドを降りた。
この日の最速は118km/h。
試合後にはグラウンドを一周してファンに感謝の意を示すと、日本ハムのベンチ前には前述した特製Tシャツを着用した監督・栗山英樹、横浜高校の後輩・近藤、淺間大基、髙濱祐仁、万波中正が登場。
一人ひとりと握手を交わすとこの年途中まで西武に在籍した木村文紀とも握手。
最後はマウンド上で西武ナインと共に日本ハムの木村と横浜高校OBも輪に加わり、5度胴上げされ、ファンの割れんばかりの拍手に応えながらグラウンドを去った。
12月4日のファン感謝イベントで引退セレモニーが行われた。
セレモニーでは横浜高校時代の監督・渡辺元智、WBCでともに戦った王貞治、原辰徳、ソフトバンク時代の監督・工藤公康、西武時代にバッテリーを組んだ中嶋聡からビデオメッセージがあり、その後、親交のある俳優の妻夫木聡がサプライズで登場し抱擁を交わした。
続いてプロ入り時の監督・東尾修が登場し、花束を受け取った。
セレモニーを終え、グラウンド一周を終えると、突如ビジョンにイチローからビデオメッセージが流れ、「大輔、どんな言葉をかけていいのか、なかなか言葉が見つからないよ 僕にはこんなやり方しかできません 許せ、大輔」と語りかけると、ビジョンが暗転。
次の瞬間、イチローが登場すると花束を手渡され、声をかけられると、自身は涙を堪えきれずに号泣した。
2022/1/28(金)
松坂大輔のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
松坂大輔のつながりをもっと見る